ベジセーフで農薬や放射性物質の危険性を回避する 

ベジセーフで農薬や放射性物質の危険性を回避できるか?食の安全のために様々な様々な危険性対策にベジセーフを考えてみる。

野菜洗いの専用水とは?

日本の農薬は法律がしっかりと管理しています。

 

といわれても、実際に使われているものが化学物質であるし、

それ以外ににも放射性物質など農産物を取り巻く不安はぬぐえません。

 

そんな不安を抱える主婦たちの間で話題になっているのがベジセーフです。

 

ベジセーフは野菜洗いの専用水。


専用水と銘打っているところで、普通の洗剤とは違います。

ベジセーフは99,9%が純水と0.1%の炭酸カリウムを使用したアルカリ性水素水なんです。

 

あらかじめこの炭酸カリウムについて説明しておきますと、天然の植物由来のもので、豆腐やこんにゃく作りに使われている、安全な添加物です。なので、子供が触ったりなめたりしても大丈夫です。


ベジセーフはマイナスイオンを帯びているので、プラスイオンの農薬や、有害物質に付着し野菜から素早くはがし落とします。

 

だから、ゴシゴシ洗う必要もないし、水洗いもさっとでいいので栄養分が無駄に流されることはありません。

 

また、ベジセーフのPH濃度の中では微生物の生育ができないためO-157サルモネラ菌や、大腸菌などのウィルスや食中毒菌は死滅し食中毒対策にもなるというわけです。

 

ベジセーフは農薬や放射性物質などの有害物質のみならず、食中毒菌などの殺菌にも使われることから、食卓の安全を守るアイテムとして期待が寄せられているのです。

 

⇒ベジセーフの公式サイトへ