ベジセーフで農薬や放射性物質の危険性を回避する 

ベジセーフで農薬や放射性物質の危険性を回避できるか?食の安全のために様々な様々な危険性対策にベジセーフを考えてみる。

ベジセーフで対策?日本の農作物に危険性はあるのか?

日本の農薬使用量は世界トップレベルといわれていますが、このことが日本人にとって危険性があるのか、改めて調べてました。

 

≫そもそも人間には無害という考え方

本来殺虫剤も農薬も人間と体の作りや構造が違う虫や植物に対して効果が発揮されるため人間にとっては無害であるということ。

例えば

ある殺虫剤においては虫の脱皮を阻害することで殺虫効果をもたらすものであったり
除草剤においては光合成阻害することにより結果的枯らすものであったり、

毒性が作用するところがヒトには該当しないため人間にとっては安全であるともいえます。

≫厳格な法律による規制

日本での農薬に対する規制や法律は徹底されているため、【薬の効果。薬害 毒性・残留性】の試験に通過し安全であると確認された農薬しか使用されていないということ。

 

以上のことより、日本国内で使用されている農薬は、それほど危険性はないということを前提にしたうえで、もう一度日本の農薬にまつわる問題を見ていきます。

 
●日本では一定の使用条件において安全であると確認されたものしか使用できないのですが、これは農薬を扱う人が既定の容量を守り正しい使い方をした場合であること。

万が一 農薬の使用者が間違った使用をした場合は健康被害もあり得ます。

(家庭用殺虫剤を使用するときに、使用上の注意を読まない方も多いのではないでしょうか?)
●薬剤物質の組み合わせで副作用が出る可能性もあるということ。

例えば、その農薬単体であれば危険性がないと確認されていたとしても、他の農薬と接触した場合どんな作用が起きるかということは予測できないこと。

あるいは その農薬と接した人が服用している薬との組み合わせ。

例えば風邪薬で抗生物質を飲んででいるときに、大量の農薬用抗菌剤に予想外の事態が起こることも考えられます
化学物質過敏症 体質的な問題

アレルギー症状やアトピーなど体質的に疾患を抱えている場合は化学物質により何らかの症状が出る場合もあるとのこと

 

日本で使われている農薬は厳しい基準を通過したものであるため必要以上に怖がることはありません。でも、安全性が100%保証されたものではないということも事実です。

 

また、農作物に対する不安は農薬に限ったものではなく、PM2.5の飛来や放射性物質の問題もあります。

 

このように、日本の農作物に対する不安は完全に取り除かれるものではないことから、家庭でできる対策として、野菜洗いの専用水【ベジセーフ】をご紹介したいのです。

 

⇒ベジセーフの公式サイトへ

 

【合わせて読みたい !】

ベジセーフの危険性は?安全な野菜や果物を食べさせたいママ達へ